帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

本学獣医学課程5年西原佳歩里さんが第1種放射線取扱主任者試験に合格!

 10月23日(金)平成27年度第1種放射線取扱主任者試験の合格者が発表され、本学獣医学課程5年西原佳歩里さんが現役で第1種放射線取扱主任者試験に合格しました。
 この第1種放射線取扱主任者は,原子力規制委員会が与える国家資格であり、放射性同位元素を取り扱う施設や高線量放射線治療施設では,常勤の第1種放射線取扱主任者の配置が法律で義務づけられており,放射線業務従事者にとって最も責任のある資格です.
 この国家試験の全国合格率は、例年30%程度であり、受験者の多くは原子力発電所関連の放射線業務従事者,放射線科の医師,大学教員であり,見かけの合格率よりも難易度が高い資格といわれています。
 本学での学部学生の合格は初めてであり、しかも1回目の受験での合格は快挙と言えます。
 西原さんは「合格できたことをとても嬉しく思います。勉強を始めた当初はその難しさに圧倒され、自分には無理ではないかという気持ちもありましたが、諦めずに勉強を続けてきて良かったです。今後、この資格を生かして社会に貢献していけたらと思います。」と喜びを語りました。


喜びを語る西原さん

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


前ページに戻る