帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

フランス・アルフォール獣医科大学の学長が本学の獣医学教育を視察評価

 12月15日(火)から18日(金)までの期間、獣医学教育分野の世界的権威であるフランス・アルフォール獣医科大学のマーク・ゴーニー学長を招聘し、本学と北海道大学が推進する共同獣医学課程の教育内容を評価していただきました。
 帯広畜産大学と北海道大学の共同獣医学課程は、平成32年に欧州獣医学教育確立協会(EAEVE)による獣医学教育認証の取得を目指し、世界トップクラスの獣医学教育有識者の指導・助言に基づき、教育環境やカリキュラムの改善・充実に取り組んでいます。
 アルフォール獣医科大学は1763年に世界で2番目に開学した伝統ある獣医大学であり、世界的にも高度な獣医学教育を実践する大学の一つです。
 また、同大学のマーク・ゴーニー学長は、EAEVEの評価委員として数多くの大学の獣医学教育認証診断の経験を持つ優れた獣医学教育者です。
 今回の訪問評価は、12月15日~16日に本学を、12月17日~18日に北海道大学を訪問し、教育施設・設備、カリキュラム内容、教育方法等を確認され、高い評価をいただくとともに、いくつかの改善事項を示していただきました。
 本学と北海道大学は今回の訪問評価の結果を踏まえ、欧州獣医学教育認証の取得に向けて、今後とも獣医学教育の更なる改善・充実を行います。


 北海道大学にて施設の説明を受ける
マーク・ゴーニー学長(中央) 

稲葉北大研究科長、マーク・ゴーニー学長
長澤学長、倉園副学長(前列左から)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【本件問い合わせ先】
獣医学教育国際認証推進室長 倉園久生
TEL: 0155-49-5385

前ページに戻る