帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

稲田保育園園児が乗馬体験

 6月12日(金)、畜産フィールド科学センター馬場において、稲田保育園(北海道帯広市西15条南40丁目)の園児たちが乗馬体験をしました。
 本学は、人間と動物が共存する豊かで潤いのある社会づくりに貢献するとともに、学生などと馬が触れ合う機会を拡大させるため、昨年度「馬介在活動室」を設置して「馬に係る教育研究活動及び馬介在の社会貢献活動」を推進しております。
 今回の開催は、その子供向け活動の一環で馬介在活動室が、乗馬やふれあいを通した動物介在教育として行われました。
 十勝晴れの中、年中(4歳~5歳)の園児たち20名が交代で学生たちが引く馬にまたがり、馬場を1周しました。
 その後、馬にブラッシングしたり、園が用意したニンジンをあげたり、最初、緊張していた園児も帰る頃には、楽しく馬とふれあっていました。
 本学では、今後も動物介在による社会貢献活動を進めてまいります。


       

        

前ページに戻る