帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

ダチョウの卵でカステラ作りを実施

 10月3日(土)、4日(日)、帯広市文化スポーツ振興財団との連携事業である「2015’みんなのちくだい」のうち、「ダチョウの卵で「ぐりとぐら」のカステラを作ろう!」を実施しました。
 この事業は、平成24年に締結した帯広市文化スポーツ振興財団との連携協定に基づき、本学学生サークルが主体となって、地域との交流を図るイベントを企画し、実施しているものです。
 今年初めて実施された本企画には一般の方から多数の応募があり、3日(土)には抽選で選ばれた6組の親子18名が参加して、今年の春に産まれたダチョウの卵を使ったカステラづくりを楽しみました。
 焼き上がりを待つ間、畜産科学課程3年の岡本葵(おかもとあおい)さんが「ぐりとぐら」の絵本を子供達に読んで聞かせたり、スライドを見せながらクイズ形式で、ダチョウについて説明したりしました。
 焼きあがったカステラを親子で試食した後、本学のダチョウ飼育舎を見学し、子供達はダチョウの大きさに驚いていました。
 4日(日)も6組の親子が参加し、同じ内容で実施しました。
 「2015’みんなのちくだい」では、11月に「畜大ホースでLet's乗馬体験2015」、来年2月に「アメフトふれあい体験~フラッグフットボールをしよう~」を実施します。申し込みについては、一般財団法人帯広市文化スポーツ振興財団のホームページをご覧ください。


カステラ作りを楽しんだ子供達

ダチョウ飼育舎見学の様子

◎申し込み方法

    一般財団法人帯広市文化スポーツ振興財団

      「2015’みんなのちくだい。開催事業について」を選択してください。

        

前ページに戻る