帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

「シルバーシティ十勝おびひろ(介護付有料老人ホーム)」で出張乗馬体験を開催

 7月12日(日)「シルバーシティ十勝おびひろ(介護付有料老人ホーム)」(帯広市西6条10丁目)で、本学からポニー2頭を派遣して出張乗馬体験を実施しました。
 これは、同施設長から出張乗馬体験の依頼があり、本学からポニー2頭とサポートのための学生が同施設へ出向き、公益財団法人ハーモニィセンターの協力を得て、同施設が毎年開催している「エンプティボウルフェスティバル」に併せて乗馬体験を実施したものです。
 同施設に入居しているお年寄りの方がハーモニィセンター顧問の大野幸男さんや同センターから派遣され、本学の「畜産フィールド科学センター馬介在活動室」で指導している鈴木善博さんの助けを借りて、交代でポニーにまたがり、同施設の前を2周したあと、にんじんやリンゴをポニーに与えるなど、馬とのふれあいを楽しんでいました。
 本学では、今後も馬に係る教育研究活動及び馬介在の社会貢献活動を進めてまいります。


       

    ※ エンプティボウル(EMPTY BOWL 空の器)
     
世界の飢餓や自然災害の救済活動として米国からスタートし、
     パンやスープなどの簡単な食事を手作りの器でふるまい、その器を
     買ってもらい、手元に置いて、いつも世界の飢餓を忘れないための運動です。

前ページに戻る