帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

「十勝カレッジSILO(サイロ)」事業を開始!

 本学学生が中心となって帯広市中心部を舞台に,十勝地域の企業、住民などと連携し、世代や地域,国を超えて人々が出会い、学びあう「学びあいのコミュニティ」を創出し、地域の活性化を図ることを目的とする「十勝カレッジSILO」事業を開始しました。
 4月13日(月)十勝カレッジ本部(帯広市大通南11丁目TRADビル1階)において、本学長澤秀行学長をはじめ「十勝カレッジSILO」運営協議会構成員である六花亭製菓㈱小田豊代表取締役社長、TRAD㈱金澤耿代表取締役社長、㈱加藤家具店加藤正昭代表取締役社長が出席し、「十勝カレッジSILO」の記者発表が行われました。
 記者発表の中で長澤学長は、「実践力のある人材の育成には、一般人や企業の方との交流が重要であり、この「十勝カレッジSILO」事業を進めることにより、社会が求める応用力のある、視野の広い人材を送り出したい。」と抱負を語りました。
 また、本学地域環境学研究部門河野洋一助教から、「まちなか研究室・ゼミナール」、「まちなかマーケット」、「まちなかサークル」、「まちなか学生寮」、「まちなか講義室」など事業内容と事業計画の説明がありました。
  その後、「まちなか講義室」において、田勢康弘氏(ジャーナリスト、音楽評論家、作家)をお招きして「十勝カレッジSILOオープニング講演会」を開催しました。


金澤TRAD㈱社長、小田六花亭製菓㈱社長、長澤学長、河野助教、
加藤㈱加藤家具店社長 (左から:十勝カレッジ本部前にて)

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                 ※ 十勝カレッジプレスリリース原稿

前ページに戻る