帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

FAO- APHCA /OIE/USDA主催ワークショップを開催

 7月15日(水)、16日(木)の2日間、FAO- APHCA(国際連合食糧農業機関 アジア太平洋地域家畜生産・衛生委員会)、OIE(国際獣疫事務局)、USDA(米国農務省)が共催する「アジアで流行する顧みられない人獣共通感染症の予防と制御に関するワークショップ」が本学原虫病研究センターP-Kホールにて開催されました。
 このセミナーには、アジア・太平洋地域から31名が参加し、開会式では、本学の長澤秀行学長が歓迎の挨拶を述べ、本学からは、原虫病研究センター西川義文准教授が、トキソプラズマに関する講義を行いました。
 また、前日の14日(火)には、学生向けに釘田博文氏(OIEアジア太平洋地域代表)から、「OIEとはどんなところ?」などの日本語によるセミナーも開催されました。


挨拶する長澤学長         

ワークショップの参加者
        

前ページに戻る