帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

人材育成事業北見地区報告会「地域を彩る食物語」に参加

 1月14日(木)、15日(金)に人材育成事業北見地区報告会「地域を彩る食物語」に、本学が帯広市と共同開催している「フードバレーとかち人材育成事業」の関係者が参加しました。
 この行事は、全国各地で社会人人材育成事業や産学官連携を実施している機関が毎年集まり、大学と連携した取り組みの成果発表および共同開発した食品の展示・販売を行うものです。
 今回は、本学の佐藤禎稔教授が「十勝の農業と農業機械の研究事例」に関する基調講演を行い、大規模化が進む農業とICTを活用した農業機械の最新情報について解説しました。また、「フードバレーとかち人材育成事業」で学ばれた株式会社ガロードの堀江浩明氏が、事例発表として同社の6次産業化の取り組みや北海道HACCP取得と海外展開などについて紹介しました。会場には多くの北見市民の皆様が来られ、産学官連携に取り組む方々と消費者が交流する貴重な機会となりました。


 佐藤禎稔教授による基調講演

株式会社ガロード堀江浩明氏による成果発表

 

 

 

 

        

前ページに戻る