帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

グローバルアグロメディシン研究センター(GAMRC)特別講義を開催

 7月7日(火)、8日(水)本学講義棟において、グローバルアグロメディシン研究センター(GAMRC)が特別講義を開催しました。
 グローバルアグロメディシン研究センターは、世界トップクラス大学等と連携して獣医・農畜産融合の国際共同研究を推進し、食と動物に係る世界の諸課題の解決に貢献することを目的として、平成27年4月に新設した研究組織です。 この度、米国コーネル大学及びウィスコンシン大学から研究者を招へいして、特別講義を開催しました。
 7月7日(火)の獣医学研究部門特別講義では、コーネル大学獣医学部イリオ・グロン教授が「食料供給と獣医学:生産と健康、食の安全のモデリング」についてご講演をされました。
 7月8日(水)の農畜産学研究部門特別講義では、ウィスコンシン大学食品科学部門の池田新矢先生がウィスコンシン大学農業生命科学部の紹介と「乳製品の構造と機能性」についてご講演をされ、さらに同大学の園芸学部門ジワン・パルタ教授が、「生体調節因子としての膜脂質:老化および果実の熟成における役割の発見、作用機序の解明とその応用」についてご講演をされました。


講演するグロン教授         

講演するパルタ教授
        

前ページに戻る