帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

本学の「とかち夢パン工房」で台湾の若手パン職人が技術講習

 1月21日(水)本学の「とかち夢パン工房」で山崎豊氏(パン調理指導者)が台湾の若手パン職人5人に技術講習を行いました。
 この講習は、日本と台湾でパン調理指導者として活躍している山崎氏が十勝小麦の普及を目指す「十勝ベーカリーキャンプ」などの講師を通して、十勝産小麦の良さを知り、「台湾の職人にも十勝の小麦生産現場で、パン作りの体験をさせたい。」と台湾の企業と、本学と共同研究をしている㈱アグリシステム(農産物卸業)との協力で実現、その縁で本学の「とかち夢パン工房」で講習を行うこととなったものです。
 山崎氏は、「ゆめちから」など十勝産小麦でフランスパン、ロールパン、食パンなど5種類のパンを作り、製パン技術を伝授しました。
 指導を受けた台湾の若手職人たちは、台湾でも有名なホテル、製パン会社などの職人で、台湾で十勝産小麦を使った美味しいパンを作りたいと真剣に講習に取り組んでいました。
本学の研究者や大学院生も講習の模様を見学し、山崎氏や台湾の職人と交流しました。
     


台湾の職人に指導する山崎シェフ(左)

前ページに戻る