帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

フードバレーとかち人材育成事業フォローアップセミナー「地域の素材を活かしたもの作り」を開催

 2月24日(火)「とかちプラザ」(帯広駅前)において、東京農業大学 永島俊夫名誉教授によるフードバレーとかち人材育成事業フォローアップセミナーを開催しました。
 永島先生は、食品製造学および発酵食品学がご専門の同大学オホーツクキャンパス食品加工技術センターの設置・運営に長年携わり、本学の人材育成事業の講師ばかりでなく、受講生からの技術相談も担当していただいております。
 この日は、「地域の素材を活かしたもの作り」と題して、じゃがいも、トウモロコシ、人参、長いもなどを副原料とした発泡酒醸造、鮭・鱒を原料とした魚醤油の開発、及びエミューの肉を原料としたハム・ソーセージの開発、エミューオイルの特徴等のオホーツクの地域資源を活用した事例についてご紹介していただきました。
 六次産業化を目指す意識の高い受講生達は、真剣に聞き入り活発な質疑応答が行われました。
 


永島俊夫東京農業大学名誉教授による講演

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前ページに戻る