帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

第4回海外悪性伝染病講習会を開催

 平成26年11月18日(火)帯広畜産大学講義棟大講義室において、十勝農業協同組合連合会および十勝管内家畜自衛防疫推進協議会との共催で、第4回海外悪性伝染病講習会『テーマ:日豪EPAと家畜防疫』を開催いたしました。
 最初に、小田理事から開催の挨拶があり、マット・プレイフォード(株式会社ドウブツ取締役)氏から「日豪防疫-その歴史と将来-」と題し、基調講演をしていただきました。
その講演の中で、マット氏は、家畜の健康と家畜産物の安全を守るためのオーストラリアにおける仕組みを紹介しました。
 その後、「日豪EPA,TPPと北海道―その影響と今後―」と題して、日本大学小林信一教授から講演が行われました。
 この講習会には、道内の家畜保健衛生所の職員、十勝管内市町村の担当者、民間企業の職員の他、学生や教員など77名が参加し、畜産物の貿易における家畜防疫の重要性と意義について認識を深めることができ、講習会を終了しました。
 


基調講演をするマット氏

講演をする小林教授

前ページに戻る