帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

韓圭鎬助教 、「韓国食品科学会学術進歩賞」を受賞

 食品科学研究部門の韓圭鎬助教が社団法人韓国食品科学会第81次学術大会および総会で「学術進歩賞」を受賞しました。
 韓国食品科学会は、1968年に創立された韓国最大規模の食品科学関連学会で、今年は8月23日(月)〜25日(水)韓国光州金大中コンベンションセンターで「Creative Food Science for the Future」をテーマに学術大会を開催し、その期間中約2,121人の食品関係者が参加しました。
 「学術進歩賞」は、毎年、食品科学の発展に大きく貢献した40歳以下の研究者1人に授与される奨励賞であり、韓先生は健康機能性食品分野の発展に寄与した功労が認められ、受賞者となりました。
 韓先生の主な研究分野は、機能性食品素材の探索と高付加価値化に関する研究で、十勝で生産される農畜産物(例えば、豆類、ジャガイモ、チコリ、キノコ類や畜産副産物など)の抗酸化機能、脂質代謝改善および腸内環境改善効果を主軸とした研究を行っています。2003年から韓国食品科学会英文学術誌Food Science and Biotechnologyに7編、食品・栄養分野の国際学術誌に46編、その他の学術誌に15編などの論文を発表しました。
 韓先生は「韓国では、帯広畜産大学についてよく知られていないので、今回の機会を通じて、韓国で帯広畜産大学の食品科学研究の位相を知らせることができて良かった。」と受賞の喜びを語りました。
 


会長から表彰される韓助教

受賞の楯

前ページに戻る