帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

本学馬術部が第50回北日本学生馬術大会での成績を長澤学長へ報告

 9月2日(火)、本学馬術部(主将:鬼窪峻大)が顧問である柏村教授とともに第50回北日本学生馬術大会での成績を長澤学長へ報告しました。
 報告には、馬術部員18名が訪れ、主将である鬼窪峻大君(獣医学課程4年)から、8月27日(水)から31日(日)まで苫小牧市ノーザンホースパークで開催された第50回北日本学生馬術大会で、好成績を収め、これらの成績により10月31日(金)から11月5日(水)まで兵庫県の三木ホースランドパークで開催される全日本学生馬術大会の総合馬術に4枠、障害馬術に2枠の出場権を獲得したことが報告されました。
 さらに、鬼窪主将は、「全日本学生馬術大会では、総合馬術の団体優勝を目指し、さらに頑張ります。」と決意を述べました。
 今後の馬術部の活躍が大いに期待されます。
 第50回北日本学生馬術大会での成績は、次のとおりです。
     学生賞典総合馬術競技(16頭出場中)
        第1位 畜産科学課程3年 及川恭平 柏楓号 
        第3位 獣医学課程 4年 鬼窪峻大 柏輪号
        第5位 畜産科学課程3年 山下美菜 零号
        第7位 畜産科学課程4年 松本隆平 柏桜号
     学生賞典障害飛越競技(2回走行、14頭出場中)
        第2位 畜産科学課程4年 松本隆平 柏桜号 
        第3位、畜産科学課程4年 関口美加 柏爵号 
 


学長へ成績の報告をする馬術部員

馬術部員と長澤学長(前列中央)、柏村教授(右)

前ページに戻る