帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

駐日オーストラリア大使が本学で講演

 6月21日(金)、ブルース・ミラー駐日オーストラリア大使とイアン・ブレイジア駐札幌オーストラリア領事ら4人が帯広畜産大学を訪れ、長澤学長と懇談されました。その中で大使は、「帯広畜産大学とクィーンズランド大学とは、以前から交流があり、さらに豊かな交流ができることを望みます。」と述べられました。
 その後、大使は本学原虫病研究センターPKホールにおいて「オーストラリアの農業と日本:共通の課題と機会」というテーマで講演をされ、講演の中で、「教育・文化、貿易などオーストラリアと日本は深いつながりがあり、また、就農者の高齢化や生産性の向上など共通の課題も多く、研究開発、技術改革で両国は連携ができると思う。是非、日本の多くの学生がオーストラリアへ留学して欲しい。」と締めくくりました。。
 その後、本学学生と活発な意見交換が行われました。


講演するブルース・ミラー大使(H25.1.10)

ブルース・ミラー大使、長澤学長(左から)

前ページに戻る