帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

林芳正農林水産大臣が帯広畜産大学を視察

 11月30日(土)、林芳正農林水産大臣が、帯広畜産大学を訪問、原虫病研究センターや食品加工実習施設等を視察されました。
 林農林水産大臣は、最初に共同利用・共同研究拠点である原虫病研究センターを訪れ、長澤秀行学長、金山紀久理事らの出迎えを受けられ、同センターのPKホールで学長から本学概要と原虫病研究センターについての説明を受けられました。
 その後、林農林水産大臣は、原虫や原虫を媒介するダニ等を顕微鏡で観察しながら、同センターの五十嵐郁男教授から原虫病に関する説明を受けられました。
 その後、食品加工実習施設に移動し、小田有二理事及び日高智畜産フィールド科学センター長から同施設の説明と本学の産学官連携に係る説明を受けられ、併せて畜大牛乳、畜大牛乳アイスクリーム、生ハム、パンの試食も行われました。
 また、地域連携推進センター及びとかち夢パン工房を車から視察されました。
 この視察には、中川郁子衆議院議員も同行されました。



五十嵐教授から説明を受ける林農林水産大臣(手前右から2人目)

中川衆議院議員(手前右から3人目)、長澤学長(手前左)、大谷道議会議員(後ろ中央)



前ページに戻る