帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

宮竹史仁准教授が「2013年度農業施設学会賞 奨励賞」を受賞

 平成25年8月29日,岐阜大学で開催された農業施設学会において,本学地域環境学研究部門の宮竹史仁准教授が,「2013年度農業施設学会賞 奨励賞」を受賞しました。
 農業施設学会は,農業施設の研究と開発利用を推進し,その知識の向上と技術普及を図ることを目的とした由緒ある学会です。
 宮竹先生の受賞研究テーマは「家畜排せつ物の堆肥化技術の向上ならびに温室効果ガス排出に関する研究」であり,今回の受賞は同学会誌に掲載された計6本の学術論文の研究成果に対して授与されました。本研究は良質な堆肥製造方法や堆肥化の熱利用,肥料成分の調整,副資材(水分調整材)問題といった実用性が高く社会のニーズに適った内容から,堆肥化から発生する温室効果ガスの排出量やその発生メカニズムを説き明かそうといった先端的かつ国際的問題の解決を試みようとするものです。
 宮竹先生は「良質な有機肥料を提供する堆肥化技術の向上を図るとともに,より一段と環境にやさしい技術・研究開発に挑戦したい」と受賞の喜びを語りました。    


賞状と副賞

受賞講演の様子

前ページに戻る