帯広畜産大学

 

帯広畜産大学の紹介

川島千帆講師が「北海道畜産草地学会賞」を受賞

 8月30日(金)から9月1日(日)まで、紋別市で開催された北海道畜産草地学会第2回大会において、本学畜産フィールド科学センター川島千帆講師が「北海道畜産草地学会賞」を受賞しました。
  北海道畜産草地学会は、北海道畜産学会、北海道草地研究会、北海道畜産管理学会が統合して昨年5月に設立され、生産者や研究者、指導・普及員などで構成された会員間の交流、研究と生産現場との連携を目的に活動しており、今年は実際の活動を行った初年度にあたります。
川島先生の受賞研究テーマは「乳牛における分娩後の繁殖機能回復および受胎に影響を及ぼす栄養代謝因子に関する研究」で、乳牛の繁殖成績低下の問題について、栄養および繁殖生理学の視点を中心に解明して、酪農現場レベルで活用できる指標や周産期の飼養管理ポイントを提示し、乳牛の繁殖成績改善に寄与していることが高く評価されたものです。
 川島先生は、「受賞にあたりお世話になった多くの方々への感謝を忘れずに、今後も乳牛の健康と長生きのため、そして生産現場で役に立つための研究をしていきたいです。」と受賞の喜びを語りました。


学会で発表する川島講師


前ページに戻る