帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

平成25年度フードバレーとかち人材育成事業特別講習を開催

  7月18日(木)、平成25年度フードバレーとかち人材育成事業特別講習「自然を土台とした高品質乳製品の産業化」と題して農事組合法人共働学舎新得農場 代表 宮嶋望 氏の講演会を開催しました。
 この特別講習は、平成24年度から本学と帯広市の共同事業として実施している「フードバレーとかち人材育成事業」で、広く一般の方々を対象として、食・農畜産業の最新の話題を提供するために開催されたものです。
 宮嶋代表は、「日本の発酵文化を大切にして、高品質な製品を生み出すためには、自然素材と炭を使う技術など環境を整えることが重要、共働学舎新得農場は世界に負けない高品質な製品造りを目指している。」と熱く語りました。
 また、この特別講習の前には、5月21日から7月10日まで行われた、平成25年度フードバレーとかち人材育成事業アグリ・フードビジネスプランコース(入門編及び応用編)の修了式も開催されました。
 修了式では、長澤秀行学長から修了生ひとりひとりに修了証書が手渡され、長澤学長と本迫帯広副市長から挨拶がありました。


講演する共働学舎新得農場 宮嶋代表

アグリ・フードビジネスプランコース修了式

前ページに戻る