帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

帯広慈光学園、帯広はちす学園の施設利用者がバター作りに挑戦 

 5月15日(水)本学食品加工実習施設で障害者支援施設(帯広慈光学園、帯広はちす学園)の施設利用者42名が、バター作りに挑戦しました。
 これは、帯広ロータリークラブ移動例会が帯広畜産大学かしわプラザで開催され、それに併せて帯広ロータリークラブの社会福祉事業として実施されたものです。
 本学日高 智教授、中村 正准教授の指導のもと、施設利用者たちは、バター作りに取り組み、最後に自分の作ったバターをパンに付けて試食しました。
 その後、本学で試験研究用に作ったアイスクリームをもらい、皆さん、おいしいと大変好評でした。




  バター作りに取り組む施設利用者(正面中央が中村准教授)


























前ページに戻る