帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

帯広・十勝から「花は咲く」の大合唱

 3月21日(金)、帯広畜産大学講堂において、十勝から東日本大震災被災地への支援の輪を大きく広げるために、「帯広・十勝に花は咲く」東日本大震災チャリティーコンサートを開催しました。
 この事業は、帯広畜産大学、十勝総合振興局、帯広市などでつくった実行委員会(委員長・長澤秀行帯広畜産大学長)の主催で開催され、帯広ひまわり、第二ひまわり幼稚園の園児による合唱で開幕、続いて池田高等学校吹奏楽部による、踊りながら演奏する楽しい「ダンプレ」を披露、続いて陸上自衛隊第5音楽隊が映画音楽などを演奏しました。
 最後に来場者と出演者全員の約500名が心をひとつにして「花は咲く」を大合唱、全員が復興を願いました。
 会場入り口では、復興支援を目的とした募金活動も行われ、27日(木)、長澤実行委員長、清原副実行委員長(有限会社プラン八十二代表取締役)、金澤副実行委員長(一般財団法人帯広市文化スポーツ振興財団理事長)が、横尾NHK帯広放送局長へ義援金を寄付しました。この募金は、NHKを通して中央共同募金会へ送られます。
 また、実行委員会が撮影した「花は咲く」の大合唱映像を「100万人の花は咲く NHK東日本大震災支援プロジェクト」に投稿しました。


来場者と出演者全員による大合唱

横尾NHK帯広放送局長へ寄附を渡す長澤学長、
清原副実行委員長、金澤副実行委員長(左から)
     ※帯広・十勝に花は咲く実施報告書(PDF)

              

 

前ページに戻る