帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

帯広畜産大学は北海道立総合研究機構と連携・協力に関する協定を締結

 9月26日(木)帯広畜産大学は地方独立行政法人北海道立総合研究機構と連携・協力に関する協定を締結しました。
 この協定は、相互に連携・協力し、双方が行う研究開発や人材育成等を効果的に推進することにより、地域の産業及び経済の発展に寄与することを目的として連携協力を締結したものです。
 調印式では、帯広畜産大学長澤秀行学長と北海道立総合研究機構丹保憲仁理事長が相互に協定書にサインし、固い拍手を交わしました。
 長澤学長は、「この協定により十勝管内に限らず、工業、水産業の現場での幅広い連携が期待でき、畜大型グローバル人材育成につなげたい。」と述べられました。
 また、丹保理事長は、「帯広畜産大学とは以前から共同研究を進めているが、道東に連携の拠点ができたことは、大変うれしい。」と述べられました。 
 今後は連携協議会を設置して、研究開発の推進、人材交流・人材育成、研究資源の共有などについて、具体的な連携事業を進めていくこととなります。



丹保憲仁理事長と長澤秀行学長(左から)

























前ページに戻る