帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

第3回畜大ふれあいフェスティバルを開催

 12月14日(土)、帯広駅前のとかちプラザにおいて、「第3回畜大ふれあいフェスティバル」を帯広市教育委員会及び釧路工業高等専門学校との共催で開催しました。
 このイベントは、一般市民の方々に本学及び釧路工業高等専門学校のことをより知っていただくため、平成23年度から実施しております。
 基調講演では、本学の山内宏昭教授及び社会人大学院生山田大樹さん(敷島製パン㈱社員)が、「北海道発超強力小麦『ゆめちから』のココがすごい!~とかち夢パン工房の可能性~」と題して、北海道産小麦の魅力や最新の研究内容について講演を行いました。
 聴講者から多くの質問があり、道産小麦への関心の高さがうかがえました。
 展示・体験ブースでは、本学乳製品工場で製造した畜大牛乳・畜大牛乳アイスの試飲試食を行い、多くの来場者から高い評価を得ました。
 体験講座では、本学教員が講師となり、顕微鏡での寄生虫観察、植物の形状測定、食味 感覚テストなど多くの来場者の関心を集めました。
 その他、本学吹奏楽部とマンドリンサークルによるミニコンサートにも多くの市民が参加し、学生たちの演奏に聴き入っていました。
 当日は好天に恵まれ、延べ700名が来場し、本学の研究や学生の活動について知っていただく良い機会となりました。


体験講座「寄生虫を観察してみよう」の様子

体験コーナー「マーブリングで模様を 作ろう」の様子

前ページに戻る