帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

おびひろ動物園内に帯広畜産大学サテライトをオープン

 このサテライトは、おびひろ動物園との連携事業の一環で、本学が所蔵するアメリカバイソンや牛、馬、羊、犬などの骨格標本30点を展示しています。また、クジャクの羽根やクジラのひげなどを立体的に見られる実体顕微鏡も置き観察することができます。
 サテライトは、幅7.2メートル、奥行き2.4メートルのプレハブ造りで、ゾウ、シロクマ、キリンの看板を掲げ、キリン舎の前に設置しています。
 土日及び祭日には、学生ボランティアサークル「OZUFUL(オズフル)」の学生達がガイドを務めます。
 



 高橋園長、 長澤学長、 米沢帯広市長、 八鍬教育長 (左から)


























前ページに戻る