帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

本学が道内国立6大学との教養教育単位互換及び入学前留学生教育の実施に関する協定を締結 

 2月28日(金)、札幌市内のホテルにおいて、本学は道内国立6大学との教養教育の充実に向けた単位互換及び学部・大学院入学前留学生教育の実施に関する協定を締結しました。
 教養教育単位互換協定の目的は、各大学の教養教育の授業を双方向遠隔授業システム(テレビ会議)等により、お互いに提供し合い、教養教育の多様性や質などの向上を図るものです。
 この秋から、試験的に20科目程度の運用を開始し、平成27年度の本格運用を目指します。
 また、入学前留学生教育は、道内国立大学進学予定者を対象に入学後に必要となる異文化対応力、スタディ・スキル、研究者倫理、日本語力などの教育を様々な言語に対応させ統括して行い円滑な学習への移行を目的としています。
 これらの協定締結により、道内国立7大学の連携強化を図り、さらに充実した教育の実現を図るものです。




協定のメリットを述べる長澤帯広畜産大学長


























前ページに戻る