帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

敷島製パン株式会社と包括連携協定締結

 帯広畜産大学は,4月20日,敷島製パン株式会社と「学術の振興及び十勝地域における農業の発展と北海道農業へ貢献する」ことを目的に包括連携協定を締結しました。
 敷島製パン株式会社は,名古屋に本社を置く大手製パン企業であり,大学と包括連携協定を結ぶのは,全国で初めてです。今回の協定で,「教育・研究の振興」,「研究成果の社会活用の推進」,「共同研究,社会人学生の受入れ等の実施とこれに伴う研究者の交流」,「その他,両者が合意する連携事業」を推進することとしています。
 締結後の会見では,長澤学長から「本学は,実学を主体とする教育プログラムを実施しているが,敷島製パンの協力を得て,より社会で通用する人材育成が可能となる。小麦をはじめとする十勝の優れた農畜産物を活用した共同研究により,地域の発展や北海道農業のために貢献したい。」と述べられ,敷島製パン株式会社の盛田代表取締役社長からは,「パンづくりで社会に貢献するという創業精神を守り,十勝の優れた農畜産物を活用して,地域農業の発展や食料自給率の向上に寄与したい。」と抱負が述べられました。
 今後は,本学の研究成果である「とかち野酵母」や十勝の小麦「ゆめちから」を利用した共同研究や社会人学生の受入れなど連携事業を進めることとなります。




盛田敷島製パン(株)代表取締役社長,長澤学長(左から)


























前ページに戻る