帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

大西 正男教授が最終講義

 大西教授は、昭和49年に本学大学院畜産学研究科農産化学専攻修士課程を修了後、昭和51年に本学に採用となり、平成10年から教授に就任し、専門は生物機能科学、食品機能科学、脂質科学で、今年度末で定年退職されます。
 最終講義は、本学総合研究棟Ⅲ号館100番講義室で行われ、「脂質とともに40年」と題して、研究室の歴史と歴代教授の研究テーマを紹介しつつ、ご自身の脂質の研究を詳しく説明し、約1時間の講義を行いました。
 最終講義では、未解決な研究課題については、「同研究室の若い先生方に引き継ぎ、解明してくれることを期待している。」こと、「恩師や、多くの協力してくれた研究者に感謝するとともに、好きな研究を支えてくれた大学に心から感謝している。」と締めくくられました。 
 講義終了後、大西教授の長年にわたる指導に感謝して、学生達から花束が贈呈されました。



最終講義をされる大西教授


























前ページに戻る