帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

帯畜大・北大共同獣医学課程の初の合同演習始まる

 8月20日,本学と北海道大学による共同獣医学課程の合同演習が帯広畜産大学で始まりました。この合同演習は,平成24年4月に設置された共同獣医学課程の授業で,両大学の学生が一堂に集まるのは初めてです。8月25日までの6日間,「帯広基礎獣医学演習」は両大学生を対象とし,本学学生はすでに受講している乳・肉加工実習,搾乳実習などの「農畜産実習」は北大生を対象として実施されました。実務実習は国際水準の獣医学教育において重要な要素となっています 。 合同演習には,共同獣医学課程(1年生)の本学学生40人と北大生37人が参加しました。来春は,本学学生が北大に出向き授業を受けることとなっています。




























前ページに戻る