帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

本学に寄附講座「生命平衡科学講座(白寿)」を開設

 帯広畜産大学と医療機器製造・販売メーカーの白寿生科学研究所は,平成24年11月から5年間,生命が本来持つ生体機能を平衡に保つ働きについて,総合的に研究し,予防医学の発展につなげるため,「生命平衡科学講座(白寿)」を開設しました。
11月7日(水),原虫病研究センターにおいて,記者会見が行われ,本学長澤秀行学長と白寿生科学研究所原昭邦代表取締役社長から寄附講座の概要と今後の研究内容等の紹介があり,学長からは,「白寿生科学研究所とは,長年共同研究でお世話になり,その実績により寄附講座の開設となった。寄附講座での研究成果が挙げられるよう,大学として努めたい」と述べられ,原代表取締役社長からは,「帯広畜産大学との共同研究から一歩前進させて,寄附講座の設置となった。次の発展できるテーマをもって成果を期待しており,ご指導願いたい。」と述べられました。
その後,原虫病研究センターに設置される「生命平衡科学講座(白寿)」の看板上掲式が行われました。



白寿生科学研究所原昭邦代表取締役社長と長澤秀行学長(左から)


























前ページに戻る