帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

カルビー株式会社と包括連携協定を調印

帯広畜産大学は,10月2日(火)カルビー株式会社と「学術の振興及び十勝地域における農業の発展と北海道農業へ貢献する」ことを目的とした包括連携協定を締結しました。 カルビー株式会社を中心とするカルビーグループは、「自然の恵みを大切に活かし、おいしさと楽しさを創造して、人々の健やかなくらしに貢献します」という企業理念のもと,北海道限定のお土産商品をも発売しています。カルビー株式会社が大学と包括連携協定を結ぶのは,全国で初めてです。 今回の協定で,「教育・研究の振興」,「研究成果の社会活用の推進」,「共同研究,社会人学生の受入れ等の実施とこれに伴う研究者の交流」,「その他,両者が合意する連携事業」を推進することとしています。
締結後の記者会見で長澤学長は「本学は,実学を主体とする教育プログラムを実施しているが,カルビー株式会社の協力を得て,より社会で通用する人材育成が可能となる。バレイショをはじめとする共同研究等により,地域貢献に貢献したい。」と述べられ,カルビー株式会社伊藤社長は「バレイショの新品種開発から栽培,生産,保存,加工,製品に至る幅広い共同研究を通じて十勝農業の発展と十勝地域の振興にも寄与したい。」と抱負が述べられました。




協定締結後,握手を交わす伊藤カルビー株式会社社長と長澤学長(左から)


























前ページに戻る