帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

「文部科学省東日本大震災復興支援イベント」に帯広畜産大学も参加

 3月11日(月)文部科学省(庁舎前スペース)で行われた「文部科学省東日本大震災復興支援イベント」に本学も参加しました。
 本学は、学内に「東日本災害復興支援プロジェクト」を立ち上げ、福島県飯舘村で土壌除汚研究のための本学教員の派遣や帯広での復興支援講演会を実施しており、それらの活動の成果と今後の計画などについて、紹介しました。
 このイベントは、東日本大震災発生から2年を迎えるにあたり、被災地支援への風化を防ぎ、今後の更なる支援につなげるため、文部科学省及び関係機関が行ってきた支援のレビュー又は今後継続される取組みなどを一般市民の方々に広く知っていただき、更に支援の輪を広げることを目的として、開催されたものです。
 文部科学省及び文化庁のほか、全国から54の機関が参画する大イベントとなり、当日は、強風のためパネルが飛ぶなど,出足が心配されましたが午後からは好天に恵まれ、約2,000人の方が来場いたしました。
 正午からは、下村博文文部科学大臣も訪れ、三竹副学長(事務局長)、辻教授、(プロジェクトリーダー)、秋本准教授から、本学のこれまでの復興支援活動などについて、パネルで説明いたしました。
 本学のブースには、特に女性の方が多く訪れ、本学の取り組みについて、熱心に聞き入っていました。


下村文部科学大臣に説明する
三竹副学長・事務局長

秋本准教授からの説明を熱心に
聞き入る来場者

前ページに戻る