帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

帯広畜産大学と道内4高専との学術交流協定の締結について

 平成22年11月29日,本学は,函館工業高等専門学校,苫小牧工業高等専門学校,釧路工業高等専門学校及び旭川工業高等専門学校の道内4高専と,学術交流において広く相互協力することにより,教育及び研究の推進に寄与することを目的として,学術交流協定を締結しました。

 帯広畜産大学は,「食を支え,くらしを守る」人材の育成を通じて,地域および国際社会へ貢献することを大学のミッションとして掲げ,さらには,創造的,学際的な実学研究の成果を社会に還元することで,地域および国際社会の持続的発展に貢献することをビジョンのひとつとしています。 一方,道内4高専は,国立高専が平成16年度から独立行政法人国立高等専門学校機構として統合され,その役割は,教育・研究にとどまらず,4高専連携の下,地域貢献を図る活動がますます求められています。
 このような状況から,教育・研究の交流はもとより,世界水準での教育・研究・産学連携を推進する帯広畜産大学と,地域に密着した教育・研究・産学連携を行っている道内4高専が連携することで,北海道における産業の高度化,地域人材の育成に大きく貢献できるものと考え,学術交流協定を締結したものです。
 さらに,協定の締結により,帯広・函館・苫小牧・旭川・釧路という北海道のほぼ全域にわたる地域に位置する高等教育機関として連携の強化が図られ,北海道地域の社会・経済・文化の発展にこれまで以上に貢献することが期待されます。

 帯広畜産大学と道内4高専は、相互に密接な協力の確保のもと、次にあげる事項について推進します。
 (1)情報交換
 (2)教育協力
 (3)研究協力
 (4)施設設備の相互利用
 (5)人材交流
 (6)シンポジウム等の開催
 (7)地域貢献への相互協力

 今後,連絡協議会を必要に応じて開催して,相互の教育・研究の交流を促進し,北海道における産業の高度化,地域人材の育成への貢献を具体的に推進します。


高橋旭川高専校長,岸浪釧路高専校長,長澤学長,
秋山苫小牧高専校長,岩熊函館高専校長 (左から)

前ページに戻る