ボゴール農業大学との学術交流協定の締結について


長澤学長とボゴール農業大学Herry学長

 平成21年12月21日,ボゴール農業大学と学術交流協定を締結しました。

 ボゴール農業大学は,1963年にインドネシア国ボゴール市に設立され,熱帯農業と生命科学を中心とする農業分野の教育研究において,インドネシアで最も高い評価を得ている国立大学です。農学部,獣医学部等9つの学部で構成され,学生数約21,000人,教員約1,300人が在籍しています。

 本学とボゴール農業大学とは,これまで,本学への留学経験者と本学指導教員との研究交流の実績があり,今回の協定締結によって,「バイオガスの活用による温室効果ガスの減少」,「食品の機能性研究」,「野生動物の保護」等多様な共同研究及び人的交流が更に進展することが期待されます。

 

前ページに戻る