チェンマイ大学獣医学部獣医公衆衛生センターとの学術交流協定締結について

 本学大動物特殊疾病研究センターは、チェンマイ大学獣医学部獣医公衆衛生センターとの間で、①教職員の相互交流、②共同の教育研究活動の推進、③学術研究資料の交換、④学生の相互交流を実施するため、学術交流協定を締結しました。

 平成19年11月27日に、チェンマイ大学獣医学部獣医公衆衛生センターにおいて、締結式が行われ、本学大動物特殊疾病センター長牧野壮一教授と今井邦俊教授が出席しました。

 チェンマイ大学獣医学部獣医公衆衛生センターは、アジア地域において疫学に特化した研究機関であり、東南アジアのみならず、ドイツFreie大学とも獣医公衆衛生学分野で大学院教育連携を行い、国際的にも活躍している機関です。

 本センターとチェンマイ大学獣医学部獣医公衆衛生センターとは、これまで、共同研究の話し合いが行われており、今回の協定締結により、具体的にプロジェクトが進展するものと思います。同時に,両センターのみならず,両大学全体の共同研究および人材交流推進が進展することが期待できます。

 

前ページに戻る