ホーム活動紹介>平成24年度第1期短期派遣活動報告 H25.3.23~25

 ○最後の週末

2013年3月23日~25日

 金曜日にアスンシオンのJICA事務所での報告を終えて、月曜日早朝の出国に向けて最後の土日を迎えました。パラグアイでの報告会は金曜日が最後だったのですが、調査データの最終チェックと報告書のまとめと日本での発表準備が残っています。まず、これらを終わらせることが最優先ですが、時間のある時にジョニーさんに少しだけ市内を案内していただきました。本来は活動報告を書くのですが、今回は活動が事務作業のみだったので、案内していただいた市内の様子を少し紹介します。

 まずは、市場の様子です。アスンシオンにある大きな市場見てきました。野菜、果物、衣類、肉、魚、漢方など日常生活で使用するあらゆる物が売られていました。ぜひ、周囲に注意しながら歩いてほしいです。

 また、出発前から一度は見たいと思っていたパラグアイ川を見ることができました。この川はウルグアイのモンテビデオ港で海へ繋がり、パラグアイにとって海と繋がる重要な川です。水は少し濁っていましたが、天気がよく良い眺めでした。

 私達は3.25の早朝にアスンシオンを出発します。現在、帰国準備の真最中です。今回の派遣に際して、非常に多くの方々に支えられながら、何とかこの一ヵ月を過ごすことができました。また、宿泊先のあるコロネルボガード市では農家さんや市民の方々にも本当に暖かく接していただきました。本当にありがとうございました。

 パラグアイでの経験は我々にとって生涯忘れることのできないものになりました。この経験をどのように生かしていくのか、ということが、私たちにとっての大きな課題であると感じています。        

岩澤 裕介

 <前へ

次へ>