ホーム活動紹介>平成24年度第1期短期派遣活動報告 H25.3.7

 ○ヘネラル・アルティーガス

2013年3月7日

 今日はヘネラルアルティーガス市へ巡回に行きました。ヘネラル・アルティーガス市へは車で20分ほどです。
今日は3件の農家さんを訪問する予定だったので出発時間は普段より早くなりました。この日は朝から曇っていて天候には不安がありました。案の定、一件目の農家さんを訪問した時に大雨になり、雨宿りしながら聞き取り調査をすることになりました。

(写真はヘネラル・アルティーガスからホテルへ帰るときの景色)

今日の調査で特に印象に残っている農家さんは、3件目に訪問したAlfonso Lopezさんです。理由は自分たちが調査した中で初めて搾乳機械を使っている農家さんだったからです。搾乳手順や、機械の洗浄方法など細かくチェックし、大きな収穫を得ることができました。

今日で調査は3日目です。パラグアイと日本の酪農を比較すると、たくさんの違いがありました。ただ、それらの全てが問題ではなく、違いというのは単にこちらの生活や環境に合わせた方法なのだと思います。今回のプロジャクトはまだ始まったばかりですが、今後パラグアイに合った方法や技術を考えて、提案していく必要があると実感しています。

そして今日は、ヘネラルアルティーガス市で活動している長期隊員の佐藤さんの誕生日でした。私達のホテルのある市の名物、チパ(チーズ入りのパン)をプレゼントしました。おめでとうございます!







岩澤 裕介

 <前へ

次へ>