ホーム>募集について

 ○第4期長期隊員の募集について

  • 募集期間:随時募集中。
          興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

  • 派遣期間:2018年4月~2020年3月(2年間)
          ※派遣前研修期間を含む

  • 活動費用:JICAより支給
        (往復旅費、現地滞在費等)

  • 派遣人数:2名
    これまでは2年ごとに4名の隊員を派遣してきましたが、今回の募集以降、毎年2名ずつを派遣する事となりました。

  • 募集対象:本学卒業生および卒業見込者(2018年3月時点)

  • 予定されている活動内容:
    牛乳の生産性向上や品質改善による経営向上に向けて、カウンターパートと協力して下記の業務を行う。
    • 1.プロジェクトのロードマップの作成
    • 2.搾乳を行う場所や方法など、家畜衛生の改善
    • 3.牧草栽培、サイレージ調整などの全般的な家畜飼料供給の改善
    • 4.酪農組合の組織強化
    • 5.他市に配属されたボランティアと連携し、問題点や情報の共有
    • 6.春、夏に派遣される短期ボランティアと連携しての活動

  • 派遣までのスケジュール
    • 学内選考:随時選考中
    • JICA応募:2017年4月~5月上旬頃
    • JICA選考:2017年5月~8月上旬頃(書類選考、面接)
    • JICA派遣前研修:2018年4月上旬~ 2ヶ月程度(予定)
    • 学内派遣前研修:2017年9月頃~2018年3月(予定・随時実施)


  • 応募関係書類          

 ○第9期短期隊員の募集について 終了しました

  • 募集説明会: 下記の日程で短期隊員の募集に関する説明会を実施します。
    • 11月29日(火)17:00~17:30 会場:イングリッシュ・リソース・センター
    • 12月 1日(木)12:10~12:40 会場:1番講義室
    • 12月 2日(金)12:10~12:40 会場:1番講義室
    • 12月 5日(月)12:10~12:40 会場:1番講義室
    • 12月 6日(火)12:15~12:40 会場:イングリッシュ・リソース・センター
      (5回とも同じ内容です。)
    気軽にご参加下さい!

  • 募集期間:2016年11月14日(月)~12月19日(月) 

  • 活動内容:
    支援対象3市にて長期隊員のサポートを受けながら下記の活動を行う。
    • 1.長期隊員が行う各酪農家への個別指導補佐
    • 2.プロジェクト内で選定したモデル農家への定期モニタリング調査
    • 3.農家ごとの調査結果のとりまとめと各農家への報告
    • 4.調査活動全体を取りまとめ、対象3市での最終報告会を実施

  • 派遣期間:2017年8月~9月(夏期休業期間中)
          
  • 活動費用:JICAより支給
        (往復旅費、現地滞在費等)

  • 派遣人数:4名

  • 募集対象:日本国籍を有し、派遣時に学部3年次以上の在学生

  • 派遣までのスケジュール
    • 学内選考:2017年1月中旬~下旬
    • JICA応募:2017年2月1日(水)~2月28日(火)
    • JICA選考:2017年3月~5月上旬 (書類選考、面接)
    • JICA派遣前研修:2017年5月下旬の5日間(予定)
    • 学内派遣前研修:2017年4月~2017年8月上旬(予定)

  • 応募関係書類          

 【在学生の教育課程との関係】

○単位について  
 パラグアイ派遣中の活動は、授業科目「海外フィールドワーク」を履修登録し、担当教員の指導のもと、事前研修・活動報告等を行い、単位取得することが可能です。

短期派遣:海外フィールドワーク (学部学生)2単位
       海外フィールドワークⅠ(大学院生)2単位
長期派遣:海外フィールドワークⅡ(大学院生)4単位
 
○長期派遣の場合における「長期履修制度」の活用
 大学院生の長期派遣の場合、「長期履修制度」を活用し、休学することなく大学院に在籍したまま活動に従事し、派遣前後に修了要件単位を修得することができます。4年を限度に修士課程・博士前期課程に在籍出来ますが、授業料については標準修業年限の2年間分となります。


 【国際協力特別選抜】

 本学では2年以上の海外ボランティア活動または国際協力経験がある方を対象に高度な専門職業人教育を提供するため、大学院畜産学研究科に「国際協力特別選抜」を設置し、学生募集を行っています。
 2年間の長期派遣終了後、上記の国際協力特別選抜枠で大学院を受験することが可能です。