平成12年度教育等改善推進費により導入した設備

  1. 大動物用複列式4連開放型ヘッドケージ(ズートロン):乳牛・肉牛等の大型家畜のガス・エネルギー代謝を4頭一度に計測できる。とくにルーメン発酵によって生成され、呼気から大気中に放出されるメタンをこの装置によって100%補足することが可能。
  2. 中動物用複列式4連開放型ヘッドケージ(ズートロン):めん羊等の中型家畜用に設計されたガス・エネルギー代謝測定装置。一度に4頭の供試動物のメタン放出量を計測することができる(写真参照)。
  3. 小型バイオガス実験装置4連(ズートロン):糞尿の嫌気発酵からバイオガス−メタン−を発生させるガス・エネルギー代謝に対応したバイオリアクター。飼料エネルギーから動物のエネルギー利用を介してリサイクル可能なエネルギー量を評価する。バイオガスプラントの基礎データを提供する(写真参照)。
  4. 燃料電池(付属農場バイオガスプラント(建築中)併設):家畜糞尿から産出するバイオガスエネルギーから水素へのエネルギー改質。21世紀の循環型クリーンエネルギーを創出する。
左上:中動物用複列式4連開放型ヘッドケージ(後方より)

右上:中動物用複列式4連開放型ヘッドケージ(後方より)

左中:中動物用複列式4連開放型ヘッドケージ(前方より)

右中:小型バイオガス実験装置4連

左下:インビトロメタン連続解析システム