帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

English

教員氏名 山内 宏昭(教授)
やまうち ひろあき
所属講座等 生命・食料科学研究部門 食品科学分野 食品機能学系
主に担当する教育ユニット・分野 食品科学ユニット
卒業研究を受け入れる教育ユニット 食品科学ユニット
受け入れ可能な学生数 5名くらいまで
専門分野 食品工学、穀物化学、発酵化学・工学
主な研究テーマ ・新規道産小麦の製パン特性解析とその製パン性の改善による国産小麦パンの研究・開発
・有用野生酵母の分離・育種・パン酵母特性評価を通じた新規パン酵母の開発
・各種道産超強力小麦粉の生パスタ特性解析・評価と道産小麦生パスタの開発
学位 博士(工学)
関連産業分野 製菓・製パン・製麺産業、製粉産業、その他農畜産物利用食品産業
連絡先 (TEL) 0155-49-5572
(E-mail)yamauchi@
研究分野 ・新規道産小麦粉、米粉の特性解析とパン類への高度加工・利用に関する研究・開発
・北海道(十勝)オリジナルなパン、麺用酵母の育種・遺伝解析とその利用技術の研究・開発
・新規道産小麦粉を用いた各種麺類、菓子類の特性解析とその特性を生かした麺類、菓子類の研究・開発
共同研究 ・新規道産パン用小麦粉の製パン性の改善
・道産小麦粉を用いた自動製パン機用ミックス粉の開発
シーズ ・最新食品加工技術を用いた画期的製パン法の研究・開発
・道産素材の特性を生かした機能性パン類、麺類の研究・開発
キーワード 小麦粉、米粉、酵母、パン、麺、菓子、製パン性、製麺性、
道産(特に十勝)の農畜産物の高度加工技術を研究開発し、農畜産物の高付加価値化に貢献し、地域産業の活性化に少しでもお役に立つこと。
卒業研究として指導可能なテーマ・領域 1.最近注目されているパン用の超強力小麦「ゆめちから」と「きたほなみ」のブレンド粉の製パン特性解析とその製パン性の改善(具体的には、市販強力粉並に発酵性、吸水性を向上させる。)(北農研、地元製粉メーカーとの共同研究)
2.道内自然界からの有用野性酵母の分離・遺伝解析・その製パン特性評価と商品化(小田先生・折笠先生研究室、北農研との共同研究)
3.各種道産超強力小麦粉の生パスタ特性評価(主に物性評価)と道産小麦生パスタの開発可能性検討(北農研との共同研究)
自己紹介と学生へのメッセージ   私は、帯畜大に本年4月に赴任するまで民間化学会社(食品部門)10年以上、農水省管轄の研究機関北農研に15年以上勤務しておりました。このような経歴から、①これまでの経験を生かし実学、実用的研究(産業界に役立つ研究)を中心に研究・開発を行う予定です。無論大学での研究でありますので論文になるアカデミックな研究要素も包含する形で研究を進めます。②実学、実用的研究を効率よく推進するため、地元の企業、公的機関を中心に産学官連携を密にした研究・開発を目指します。③学生さんが社会に出た後役立つ特許、商標等の出願、取得にも積極的に取り組みます。
以上の様に、通常の大学研究室の研究・開発スタイルとは異なる部分もありますが、大学と産業界を繋ぐ研究室を目指して教育・研究を行いたいと思っております。
卒論・修論のテーマ等は可能な範囲で学生さんの希望を重視して決めたいと思っており、研究に熱意を持ち、自ら考え、積極的に研究を進める学生さんと一緒に研究できたらと思っております。楽しく研究を行いましょう。
総合研究棟Ⅲ号館6階604号室におります。内線5572です。興味、問い合わせ等ある方はいつでもご連絡下さい。


研究活動の紹介 Read研究会開発支援ディレクトリより
ファイルの最終更新日 平成24年6月8日

 

前ページに戻る