帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

English

教員氏名 玄 学南(教授)
げん がくなん   
所属講座等 原虫病研究センター 原虫遺伝生化学研究分野
主に担当する教育ユニット・分野 獣医学課程 獣医学ユニット
卒業研究を受け入れる教育ユニット 獣医学,生命科学
原虫病学・ウイルス学・分子生物学に興味をもっている学生ならユニットにこだわらない
受け入れ可能な学生数 2名
専門分野 原虫病学
主な研究テーマ 種々の原虫の感染防御抗原の探索と組換えワクチン開発に関する研究
学位 農学博士
関連産業分野 畜産業,ペット産業
連絡先 (TEL) 0155-49-5648
(FAX) 0155-49-5643
(E-mail)gen@
研究分野 ・イヌバベシア感染症に対する診断と予防法の開発
共同研究  
シーズ ・イヌバベシア感染症の診断法開発
・イヌバベシア感染症のワクチン開発
キーワード イヌ・バベシア原虫・簡易診断法・ワクチン
イヌバベシア感染症を制圧すること
卒業研究として指導可能なテーマ・領域 ・原虫ワクチン候補分子の探索
・異種抗原発現用原虫ベクターの開発
・異種抗原発現用ウイルスベクターの開発
・原虫ベクターを用いた組換えワクチンの開発
・ウイルスベクターを用いた組換えワクチンの開発
自己紹介と学生へのメッセージ  中国吉林省出身。1987年に来日。前半の約10年間は主にウイルスベクターの開発と組換えワクチン開発に従事。後半の約9年間は主に原虫感染症に対する組換えワクチン開発に従事。
 原虫遺伝生化学研究分野,教員2名,博士研究員2名,博士課程院生6名,修士課程院生2名,学部生4名,研究生3名の構成員からなっています。中国・韓国・ケニア・シリア・エジプト・タイなどからの留学生もおり,日常的に異国文化と接することもできます。
 分子生物学的手法を駆使した原虫感染症・ウイルス感染症に対する組換えワクチン開発に興味をお持ちの方は是非一度研究室まで足を運んでください。お待ちしています!
研究活動の紹介 Read研究会開発支援ディレクトリより
ファイルの最終更新日 平成24年11月7日

前ページに戻る