帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

English

教員氏名 和田 大輔(講師)
わだ だいすけ   
所属講座等 環境農学研究部門 農業経済学分野 農業経済学系
主に担当する教育ユニット・分野 農業経済学ユニット
卒業研究を受け入れる教育ユニット 主として農業経済学
受け入れ可能な学生数 3人程度 
専門分野 農業経済学・農業経営学・経済統計学
主な研究テーマ 会計測定: 農業経営における報酬決定と資産評価 乳企業財務分析
農業情報: 農業における情報の蓄積・処理・伝達過程
クラブ財・公共財: 農業共同利用施設の運営 緑地・農地の広域保全
学位 農学修士
関連産業分野 農業・アグリビジネス関連産業
連絡先 (TEL) 0155-49-5442
(FAX) 0155-49-5444
(E-mail)wada@
研究分野 ・会計測定論
・農業経営の情報化と地域農業情報システム
・クラブ財・公共財の整備と利用
・広域緑地保全
共同研究 ・畜産廃棄物の処理と利用
・牛乳・乳製品の需給
シーズ ・食品産業における経営・財務分析
・農業経営の情報化
・地域・農業共同利用施設の設置運営
キーワード 農業簿記・食品企業・乳企業・地域農業計画・緑地保全・農業情報
人的・物的多様性の中での地域農業・食品産業の発展
卒業研究として指導可能なテーマ・領域  自分の興味・関心で卒業研究の対象を選ぶことができますが,卒業研究の主な対象としては下の3つの分野を考えています。

クラブ財・公共財関係:
  地域経済の活性化・まちづくり/農業共同利用施設の運営/緑地の整備・保全
農業情報・教育学習関係:
  農業者のインターネット利用/地域農業情報システム/営農技術習得の支援
簿記・会計・経営関係:
  農業簿記の学習・普及/食品メーカーの経営分析/牛乳乳製品の需要増進
自己紹介と学生へのメッセージ 【自己紹介】
 基本的にのんびりとしています。思考では悲観的,行動では楽観的?

【学生へのメッセージ】
 学生のみなさんには世の中の出来事に対して興味や問題意識を持つことを期待します。

 他の関連分野教員と連携して指導を行います。
 卒業研究においては,農業・企業・地域における人や組織の行動原理に関する理解を進め,より良い農業経営や企業・地域のありかたを提言することを目標にします。
 また,卒業研究のテーマによっては,既存の統計・資料の利用だけでなく,ヒアリング調査やアンケート調査を積極的に実施し調査結果を分析します。
研究活動の紹介 Read研究会開発支援ディレクトリより
ファイルの最終更新日 平成24年11月16日

 

前ページに戻る