帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

English

教員氏名 谷 昌幸 (教授)
たに まさゆき  
所属講座等 グローバルアグロメディシン研究センター(研究域 地域環境学研究部門 植物生産学分野)
主に担当する教育ユニット・分野 環境農学ユニット
卒業研究を受け入れる教育ユニット 環境農学,生命科学,農業経済学他のユニットも可
受け入れ可能な学生数 4~5名程度
専門分野 土壌学・肥料学・農畜産環境保全学
主な研究テーマ 土壌化学:とくに土壌溶液中の溶存有機物の構造と生物学的機能(とくに植物生育や養分吸収に及ぼす影響評価)に関する研究,土壌汚染物質(重金属・硝酸イオン等)の動態に関する研究,ユーラシア寒冷・乾燥地域における土壌有機物動態に関する研究など
農畜産環境保全学:とくに家畜糞尿や各種廃棄物(産業廃棄物・食品残渣・肉骨粉・作物収穫残渣等)の堆肥化ないし肥料化と土壌還元による再資源化に関する研究など
学位 博士(農学)
関連産業分野 肥料・土壌改良資材・廃棄物の再資源化
連絡先 (TEL) 0155-49-5507
(FAX) 0155-49-5509
(E-mail)masatani@
研究分野 ・各種廃棄物の再資源化と土壌還元
・土壌中における有機物の機能と土づくり
・土壌中における各種汚染物質の動態
共同研究 ・家畜糞尿液肥の肥効調整と利用技術
・ペーパースラッジ炭化物の農業利用
・肉骨粉処理物の高度利用技術
・微生物資材を用いた牛舎環境改善
・間伐材を用いた牛糞尿の堆肥化促進効果
シーズ ・未利用廃棄物の再資源化と循環型農業
・有機質資材と微生物資材による“土づくり”
・堆肥や肥料などの成分分析と機能評価
キーワード 家畜糞尿・廃棄物・肥料・土壌改良材・土づくり・環境調和型農業・化学分析・水質
科学的根拠に基づく真の“土づくり”と持続可能な農業技術の確立,そして子供達へ
卒業研究として指導可能なテーマ・領域   卒論テーマのキーワードは,土壌の潜在的な機能を左右する“溶存有機物”,日本と世界農業の持続性を支配する“リン酸資源”,そして土壌本来の機能を引き出す真の土づくりを目指す“家畜糞尿や各種廃棄物の有効活用”です。現在は,(1)土壌中における溶存有機物の構造と機能に関する研究,(2)家畜糞尿や肥料に由来する土壌汚染物質(硝酸・重金属など)の動態に関する研究,(3)家畜糞尿を原料とする堆肥・スラリーの有効利用と土壌に及ぼす影響,(4)世界的に重要な黒土であるチェルノーゼムの土壌劣化と地球温暖化,(5)家畜糞尿や各種廃棄物(消火薬剤・肉骨粉・古紙スラッジなど)を土壌に還元することによる環境保全と省資源などについて研究しています。
学内の先生との共同研究や,学外の大学・民間企業との共同研究もたくさん行っています。多くの人と昼も夜もワイワイやりましょう!!
その他にも,持続的な農畜産業に役立つ研究,農畜産業と地域・地球環境保全に関わる研究であれば,どんなテーマでもOKです。
自己紹介と学生へのメッセージ <プロフィール>1968年1月25日大阪市天王寺区聖バルナバ病院で生まれ,大阪と奈良で育ちました。水瓶座のO型,阪神タイガースファンのビール党です。1986年4月に筑波大学第二学群農林学類に入学,1990年3月に卒業,そのまま大学院に進学し,1995年3月に農学研究科を修了しました。入学した頃はバイテク全盛期で,最初は微生物工学を研究したいと思っていたのですが,3年生の夏休みに長野県の高原野菜農家でバイトしたのをきっかけに,農業における “土”の大切さを痛感し土壌学に興味を持つようになりました。大学時代はいろいろなバイト,陸上ホッケーやオフロードバイクのエンデューロ(耐久)レースなどもやっていました。
その後,なぜか縁あって1995年4月から帯広畜産大学助教となりました。現在も土壌学の研究を続けていますが,最近は“家畜糞尿処理”や“廃棄物の再資源化”などの研究の方がメインになりつつあります。趣味は,とにかく“身体を動かすこと”と“酒を楽しく飲むこと”です。また,二人のチビ太(9歳と6歳)のパパとして“子供と遊ぶこと”も趣味かもしれません。最近はチビ太達に刺激を受けて,この歳になってからアイスホッケーに手を出し始め,目下悪戦苦闘中です。

<メッセージ>土壌には未知なる機能がたくさん残っており,畑や草地で生物生産を行う上で,これまでに着目してこなかった成分,つまり窒素やリン酸といった肥料成分ではない“なにか”が実は大切なんじゃないかと考えています。地球の食料と環境を支えるのはバイテクやクローンではなく,そんな機能の解明かもしれません。今後は,“土づくり”と“生物防除”を組み合わせた“科学的な持続型農業”を目指して倉持先生や小池先生と新しい研究を展開しようと思っています。体力と気力があって,おいしい農作物を食べたい人,一緒にローテクを楽しんでみませんか。
研究活動の紹介 Read研究会開発支援ディレクトリより
ファイルの最終更新日 平成24年11月20日

 

前ページに戻る