帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

English

教員氏名 志賀 永一 (教授)
しが えいいち  
所属講座等 環境農学研究部門 農業経済学分野 農業経済学系
主に担当する教育ユニット・分野 農業経済学ユニット
卒業研究を受け入れる教育ユニット 農業経済学
受け入れ可能な学生数 3名程度
専門分野 農業経営学
主な研究テーマ ・大規模農業経営体の行動原理に関する研究
・農業支援組織・機関の実態と課題に関する研究
・農畜産物の低コスト生産に関する研究
学位 博士(農学)
関連産業分野 農業,農業関連産業
連絡先 (TEL) 0155-49-5440
(E-mail) shiga@
共同研究 ・農作業自動化の経済評価
・輪作採用度の経済効果
・後継者がいない農業経営者の資産計画と生活設計に関する研究
シーズ ・ブランド戦略・農業振興・営農指導
キーワード ・大規模農業経営体・地域農業・農業支援組織・農業振興計画
安定した農業生産が可能な諸条件づくり
卒業研究として指導可能なテーマ・領域  農業関連分野の中でも,主に農業生産サイド(いわゆる川上部門)からの研究に主眼を置いています。農業生産を担う農家・農業生産法人,それらを支援する農業支援組織,農業協同組合,農業改良普及センターや試験場などの実態・機能,さらには課題などを研究したい学生を指導したいと考えます。
自己紹介と学生へのメッセージ  日本の農業産出額は減少傾向にありますが,農畜産物価格だけでなく生産量自体も減少傾向にあります。農畜産物生産量すら減少してしまう農業・農村の実情を理解し,そうした状況下にあっても前向きな取り組みを進めている農業者・地域に学び,感動する学生であって欲しいと考えています。
 ただちに解決策を見出すことは困難でしょうが,ともに語らいながら明るい未来像を考えましょう。
研究活動の紹介 Read研究会開発支援ディレクトリより
ファイルの最終更新日 平成25年5月15日

 

前ページに戻る