帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

English

教員氏名 佐藤 禎稔(教授)
さとう ただとし
所属講座等 環境農学研究部門 農業環境工学分野 農業環境工学系
主に担当する教育ユニット・分野 環境農学ユニット
卒業研究を受け入れる教育ユニット 環境農学,家畜生産科学,農業経済学
受け入れ可能な学生数 4名程度
専門分野 農業機械学,農業ICT
主な研究テーマ 農業機械学,特にコンピュータやセンサなどを利用した農業機械分野のメカトロニクス化,ロボット化,ICT化に関する研究,環境保全や食の安全安心のための防除システム,太陽エネルギー,新技術,モノづくり学および各種農作業システムの分析など
学位 博士(農学)
関連産業分野 農業全般・農業機械・一般機械・農業ICT・機械設計
連絡先 (TEL) 0155-49-5527
(FAX) 0155-49-5529
(E-mail)fmsatow@obihiro.ac.jp
研究分野 ・大規模畑作農業機械システムに関する研究
・農業機械の自動化・メカトロニクス化に関する研究
・農業におけるICTの活用
・クリーン防除のための農薬散布技術の向上
・太陽光発電の農畜産業への利用に関する研究
共同研究 ・液剤農薬の散布精度向上に関する研究
・大型ブームスプレーヤの散布量分布測定装置の計測精度の評価
・酪農パーラー排水浄化槽の省エネルギー化に関する研究
シーズ ・農業機械の情報化と高精度自動化について
・農作業システムの情報計測と分析
・3D-CADを利用したモノづくりと構造解析
キーワード 農業機械・メカトロニクス・防除作業・ポジティブリスト・農作業システム・CADシステム・GPS・太陽光発電・省エネ
農業機械システムにおける「モノづりの創造と楽しさ」の探求
卒業研究として指導可能なテーマ・領域 1)トラクタ作業用フィールドコンピュータの開発(農業ICT)
2)GPSトラクタガイダンスシステムに関する研究(GPS,農作業システム)
3)3D-CAD/CAEを利用した次世代農業機械の開発(ものづくり,機械開発)
4)マニュアスプレッダの散布精度向上に関する研究(新技術)
5)ロール式精密播種機の開発研究(ものづくり)
6)クリーン防除のための高精度散布技術の開発(食の安全・安心,環境問題)
7)ブームスプレーヤの散布パターン自動計測装置の開発(民間との共同研究)
8)大型太陽光発電の施設園芸への利用(太陽光発電)
自己紹介と学生へのメッセージ [自己紹介] 我が国最大の大規模農業を背景に,その生産性をさらに向上させるために各種センサやコンピュータ,電子・機械技術を活用した独創的な研究を行っています。そのために,学生と共に作物を育て,農作業を通して新たな研究テーマを展開しています。皆さんと共に農業機械を愛し,新しい農作業システムを創造していきたいと思います。
[メッセージ] コンピュータや農業ICT,工学系の科目に興味を持って学習してください。特に,コンピュータプログラミング,電子機器,CAD/CAM,機械工作など,「モノづくり」に興味のある学生やそれに挑戦してみたいと思っている学生を大歓迎します。卒業生が地元メーカで活躍しています。
研究活動の紹介 Read研究会開発支援ディレクトリより
ホームページ http://www.obihiro.ac.jp/~fmsatow/index.html
ファイルの最終更新日 平成24年11月19日

 

前ページに戻る