帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

English

教員氏名 佐藤 雅俊(助教)
さとう まさとし  
1
所属講座等 環境農学研究部門 環境生態学分野 環境生態学系
主に担当する教育ユニット・分野 生命科学ユニット
卒業研究を受け入れる教育ユニット 生命科学ユニット
受け入れ可能な学生数 3名から5名
専門分野 植生学,植物生態学.
主な研究テーマ 釧路湿原の湧水地・北海道東部の湿原・帯広市と周辺の二次林や河畔などにおける,植生構造の解析および植生と立地との対応に関する研究.
学位 修士(理学)
関連産業分野 環境調査,植生復元.
連絡先 (TEL) 0155-49-5487
(FAX) 0155-49-5489
(E-mail)satomasa@obihiro.ac.jp
研究分野 湿原・湧水地・丘陵における植生学.
共同研究 湿原流域の変容の監視手法の確立と生態系修復のための調和的管理手法の開発(国立環境研究所)
シーズ ・植生調査
・毎木調査
・植物相(フロラ)調査
キーワード 植生・植生解析
子供が遊べる身近な自然と,それを支える原生的な自然がともに存続されること
卒業研究として指導可能なテーマ・領域 ・身近な自然植生/二次植生の構造解析
・植物種の生活史特性や発芽特性
・植生または植物種と生育立地との対応の解析
・その他,植物名と,関連する生物等を含むテーマ
自己紹介と学生へのメッセージ 野生の植物に関心を持って帯広畜産大学に入学した学生は少ないと思いますが、そのような学生を歓迎します。そうでない学生も、植物抜きで、歓迎します。私も動物や鳥や昆虫に比べて植物が大好き、というわけではありません。そういう人間どうしで4年生の1年間、卒業研究を進めていく機会が持てることを楽しみにしています。
研究活動の紹介 Read研究会開発支援ディレクトリより
ファイルの最終更新日 平成24年4月21日

 

前ページに戻る