帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

English

教員氏名 西田 武弘(准教授)
にしだ たけひろ  
所属講座等 生命・食料科学研究部門 家畜生産科学分野 生産管理学系
主に担当する教育ユニット・分野 畜産科学課程 家畜生産科学ユニット
卒業研究を受け入れる教育ユニット 家畜生産科学,生命科学,環境農学,農業経済学
受け入れ可能な学生数 2~3名 
専門分野 家畜栄養学・栄養生理化学
主な研究テーマ エネルギー・窒素循環に関する研究,
家畜発生メタンの栄養学的制御に関する研究,
家畜のエネルギー代謝に関する研究
学位 博士(農学)
関連産業分野 環境・畜産・飼料
連絡先 (TEL)0155-49-5455
(FAX)0155-49-5455
(E-mail)nishtake@
研究分野 ・温室効果ガス-メタンの制御と利用
・家畜のエネルギー代謝
・飼料の栄養評価
共同研究 ・消化試験法による飼料の栄養評価
シーズ ・家畜由来メタンの制御と利用
・家畜のエネルギー代謝
・飼料の栄養評価
キーワード メタン・バイオガス・エネルギー代謝
地球温暖化の防止とエネルギーと窒素の地域循環構築
卒業研究として指導可能なテーマ・領域 ・反芻家畜のエネルギー代謝に関する研究
・家畜由来メタンの栄養学的制御に関する研究
・飼料のエネルギー・窒素循環に関する研究
自己紹介と学生へのメッセージ (略歴)
昭和63年 3月 京都大学農学部畜産学科卒業
昭和63年 4月 農林水産省畜産試験場
平成 9年10月 農林水産省草地試験場
平成11年10月 科学技術庁長期在外研究員(アメリカ・コーネル大学)
平成12年10月 農林水産省草地試験場
平成17年 4月 独立行政法人国際農林水産業研究センター
          (タイのコンケン赴任)畜産草地領域
(自己紹介)
 平成20年4月から家畜衛生学研究部門の准教授に着任いたしました。出身は岡山県倉敷市で,今からこの冬のことを想像してビビっています。1年間留学していたアメリカのコーネル大学はニューヨーク州にあり,-20度程度は経験しました。
 平成17年から3年間は,タイのコンケンというところで,牛のエネルギー要求量と飼料の栄養価の測定を行っていました。インドシナの牛の飼養標準と飼料成分表を作成するというプロジェクトの一環です。タイ,ラオス,カンボジアの大学と協力しての仕事で,大学の先生や学生と一緒に仕事をする機会が多かったです。ラオスやカンボジアは,ベトナム戦争や内戦の影響で,特に人材が不足しています。大学はほとんど無く,その数少ない大学(日本で例えれば東京大学)でも30歳の助手の上司が55歳ぐらいの学部長しかいないという状況でした。
 また,タイでの私の仕事は,日本の研究機関が海外で協同研究を行う性質上,いつかは「研究終了・撤退」は避けられないですし,現地の事情や住民のニーズ(例えば食習慣・嗜好)はどうしても感覚的にわからないものがあります。ですので,いつかは我々がいなくなることを前提に仕事が継続されるシステム,つまり現地の人を育てる・育つ手助けをすることを念頭に置いて仕事をしていました。こういった状況から,研究のみでなく人材教育に興味を持ちました。
 私の専門は牛の栄養学で,最先端の技術は持っておりませんが,大学が十勝(北海道)にあるメリットを生かして,地域密着と国際協力をうまくバランスを取って仕事を行っていきたいと思います。
研究活動の紹介 Read研究会開発支援ディレクトリより
ファイルの最終更新日 平成24年11月7日

 

前ページに戻る