帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

English

教員氏名 中村 正(准教授)
なかむら ただし  
所属講座等 生命・食料科学研究部門 食品科学分野 食品加工利用学系
主に担当する教育ユニット・分野 食品科学ユニット
卒業研究を受け入れる教育ユニット 食品科学,農業経済学(その他は相談に応じて受け入れ可) 
受け入れ可能な学生数 4名程度 
専門分野 畜産物利用学・糖鎖工学・糖質化学・生化学
主な研究テーマ 経済動物の乳成分および乳中糖鎖解析
機能性糖鎖の利用系の確立
学位 博士(農学)
関連産業分野 乳関連産業・食品産業および医薬分野
連絡先 (TEL)0155-49-5567
(FAX) 0155-49-5577
(E-mail)nakamura@
研究分野 ・家畜動物の酸性オリゴ糖の変動
・乳用微生物の機能性
共同研究 ・オリゴ糖関連化合物による微生物の感染阻害
・乳用酵母の新規利用
シーズ ・乳、畜産資源からの糖鎖調製法
・感染性微生物に対する糖鎖の機能解析
・乳用酵母の機能性
キーワード ミルクオリゴ糖・構造解析・機能解析・乳用微生物
未利用畜産資源の有効かつ効率的な利用法の確立による畜産業の発展
卒業研究として指導可能なテーマ・領域 経済動物の乳中糖鎖の機能解析
機能性糖鎖の利用法の確立
畜産関連微生物を利用した新規機能性複合糖質の合成
自己紹介と学生へのメッセージ 日常飲んでいるミルク(牛乳)は優れた栄養食品の1つです。しかし,哺乳動物のミルクは,未熟な新生児にとっては単なる栄養源ではなく,生命調節に関わる必要不可欠なものという一面を持っています。
そこで,ヒトや様々な動物の新生児にとってより良い人工調合乳の開発,食品や医薬品への利用を視野に入れ,近年,ポストゲノム研究の一つとなっている「糖鎖」を中心に研究を行っています。

要望等
上述の様に,「乳」は食品の1つですから,履修科目としては,化学,生物の他,食品に関する科目を履修していることが望ましい。
研究活動の紹介 Read研究会開発支援ディレクトリより
ファイルの最終更新日 平成24年11月14日

 

前ページに戻る