帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

English

教員氏名 宮本 明夫(教授)
みやもと あきお   
所属講座等 グローバルアグロメディシン研究センター(研究域 生命・食料科学研究部門)
主に担当する教育ユニット・分野 生命科学,家畜生産科学
卒業研究を受け入れる教育ユニット 原則として,家畜生命科学および家畜生産科学
受け入れ可能な学生数 5名/年
専門分野 家畜繁殖学,生殖生理学,内分泌学,家畜生産衛生学 (「研究内容」)
主な研究テーマ 乳牛の卵巣機能の制御(卵胞・黄体),高泌乳牛の健康と繁殖機能
学位 農学博士
関連産業分野 畜産・乳牛の繁殖管理
連絡先 (TEL) 0155-49-5416
(FAX) 0155-49-5593
(E-mail)akiomiya@
研究分野 ・乳牛の卵巣機能
・栄養と繁殖
共同研究 ・乳牛の卵巣機能(特に黄体機能)に関する基礎研究:ドイツ,アメリカ,イスラエル
・高泌乳牛の健康(栄養と繁殖)に関する包括的な研究:スイス
シーズ ・性ホルモン(黄体ホルモン・発情ホルモンなど)測定
・乳牛の卵巣機能評価(分娩後を含む)
キーワード 卵巣・排卵・発情・黄体・妊娠
十勝型乳牛飼養管理による繁殖問題の解決
卒業研究として指導可能なテーマ・領域 (ほとんどが国内外の共同研究:ドイツ,米国,イスラエル,北農研など)
・ウシの黄体機能の制御:
 黄体の発育と退行:癌より早く成長する黄体の生と死を血管新生と血管機能の視点で切り込む
 妊娠黄体への移行:受精卵が子宮に存在すると退行せずに妊娠黄体への変化してゆく黄体の全貌解明
・高泌乳牛の健康と繁殖機能:分娩前後の健康問題とその後の繁殖機能への影響の生理学的解明(栄養と繁殖機能,遺伝的形質)
自己紹介と学生へのメッセージ  ウシ好きの集団です。乳牛は子供を生むことでミルクを生産します。私たちの研究室では,乳牛の潜在能力を最大限に引き出せるような生殖技術の開発と,乳牛がミルクを大量に生産するために生じる深刻な健康問題と栄養代謝機能・生殖機能の関係について,最先端のサイエンスの視点と手法をもって多くの世界中の研究者たちと共同で取り組んでいます。合い言葉は,「十勝の乳牛を楽しんで研究して,世界中へ情報を発信する」です。実際に,6名の大学院生と2名の学部生が協力して日夜,乳牛相手に,あるいは乳牛の卵巣の細胞相手に,あるいは卵巣の遺伝子や生理活性物質相手に研究に没頭しています。研究大好き人間の集団です。すべては,「なぜだろう?」から始まります。
 毎日,乳牛の卵巣を,お尻の穴から手を入れて腸壁越しに触診したり(ビニールの手袋をしています!),最新鋭のカラードップラー超音波画像診断装置を使って卵巣でくり広げられる卵胞の発育や排卵,黄体の形成や萎縮にまつわる局所の小さな血流までも観察しています。そんなためか,メンバーは獣医師ではないのに獣医さん顔負けの「黄金の指」が自慢です。生殖科学研究室の特徴は,「乳牛について群・個体から卵巣,細胞,物質,遺伝子まですべての視点からアプローチする」ことです。これは,日本国内では帯広畜産大学でしか実現できない恵まれた環境のおかげです。そう,この大学は「ウシの大学」なのです。
 大学院生たちは,研究成果を毎夏アメリカ生殖学会で発表し,世界的な研究者たちを相手に大奮闘しつつ,自分たちの英会話力の足りなさを思い知らされます。発表後は,開放感から地ビールで乾杯し,アメリカ人顔負けの陽気さでこれまでの努力とこれからの頑張りを誓って大パーティーです。帰国すれば,この成果は一流の国際専門誌に掲載されるように質の高い論文にまとめなければなりません。このようなサイクルを繰り返しながら,皆,国内,世界に人のネットワークを若いうちから作ってゆきます。多くのメンバーは,研究の鳥肌の立つような興奮を体験し,研究者を目指します。実際,卒業生にはアメリカの世界的な研究室で研究スタッフとして活躍したり,国内の国立大学の教員をしたり,研究所の研究員をしている人もいます。また,国や都道府県,製薬・食品企業の研 究開発に携わる人も多く輩出しています。また,大学院生のうちから日本学術振興会特別研究員に高倍率をかいくぐって採用され,「給料取りの大学院生」が多いことも特徴の一つです。加えて,今年はドイツのハノーバー獣医科大から研究者が3か月間滞在,イスラエルからも世界的な黄体の研究者である教授が3か月間滞在し,帯広でウシを用いた共同研究が行われます。常に英会話が飛び交う環境ですから,必ず英語がうまくなります!
 乳牛を対象にして,生命科学の楽しさを経験しませんか? 生命科学に興味ある人,研究者を目指したい人,海外留学に興味ある人,ウシが好きな人,人が好きな人,ビールが好きな人,みんな集まれ!
研究活動の紹介 Read研究会開発支援ディレクトリより
ファイルの最終更新日 平成24年11月21日

 

前ページに戻る