帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

English

教員氏名 三浦 秀穂(教授)
みうら ひでほ
所属講座等 環境農学研究部門 植物生産科学分野 植物生産科学系
主に担当する教育ユニット・分野 環境農学ユニット
卒業研究を受け入れる教育ユニット 環境農学,農業経済学 その他のユニットも可
受け入れ可能な学生数 卒論4人,修論2人,博論1人
専門分野 植物遺伝・育種学,植物生産学,植物ゲノム科学
主な研究テーマ 「DNAから畑まで」をテーマとする栽培植物の応用遺伝学的研究
学位 農学博士
関連産業分野 作物・栽培・育種
連絡先 (TEL) 0155-49-5476
(FAX) 0155-49-5479
(E-mail)miurahm@
研究分野 ・小麦の穂発芽耐性育種
・作物の多収性と安定栽培
共同研究 ・製パン適性・植物遺伝資源の保存
シーズ ・道産小麦の多用途利用
・豆類の品質向上
キーワード 遺伝・育種・DNAマーカー・畑作物・植物ゲノム
各種食料生産分野で活躍できる技術者,研究者の育成
卒業研究として指導可能なテーマ・領域 ○イネ科植物の胚乳澱粉生合成遺伝子のラインアップ
人類の主食であるお米やパン,麺類の澱粉はアミロースとアミロペクチンから構成され,この比率は収量だけでなく食味などの品質も左右します.アミロースとアミロペクチンの合成過程にどのような遺伝子が作用しているかを網羅的に特定しようとしています.

○コムギ祖先種および近縁種の育種ポテンシャル
コムギの改良には野生種や近縁種のもつ優れた遺伝子資源を利用することが重要で,世界各地の遺伝資源を集め,それらの早晩性や品質評価をするとともに,栽培化に大きく貢献した主要な遺伝子の解析を行っています.野生種から栽培種へと進化するときどのような遺伝子の変異が鍵となるか探ろうとするものです.

○穂発芽耐性コムギ品種の開発
穂発芽は,低温・多湿な気象条件で種子が成熟するとき発生し易く,世界のコムギ生産地帯で問題となっています。穂発芽被害の回避には,発芽し難いつまり休眠性の強い品種を育種することが必要です。ゲノム情報やDNAマーカーを頼りに強休眠性遺伝子を活用して穂発芽耐性育種の加速化をねらっています.
自己紹介と学生へのメッセージ  1年生前期の全学農畜産実習でジャガイモ栽培を担当します.北海道の広大な畑作地帯を背景とする研究から,「農利万民」を目指し今後予想される世界規模での食料不足や食の安全について,栽培植物側からの遺伝・育種学的アプローチで対応策を探っていきます.研究室には温室や2haの実験圃場があり,その維持管理にみんなで汗を流しながら,春夏はコンパ用の野菜を作っています.

 ここ数年間,担当した学生の約半数は大学院に進学後,専門職に就いています.農水省や道立の研究機関と積極的に連携しながら仕事を進めており,芽室町にある北海道農業研究センターでは毎年2人ほど自分のデスクをもらって,研究室と掛け持ちで実験を行っています.熱意ある皆さんと明るく楽しくかつ真摯に仕事を進めたいと思っています.
研究活動の紹介 Read研究会開発支援ディレクトリより
ファイルの最終更新日 平成24年11月20日

 

前ページに戻る