帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

English

教員氏名 松本 高太郎 (准教授)
まつもと こうたろう  
所属講座等 獣医学研究部門 臨床獣医学分野 伴侶動物獣医療学系
主に担当する教育ユニット・分野 獣医学ユニット・獣医内科学分野
卒業研究を受け入れる教育ユニット 獣医学ユニット
受け入れ可能な学生数 1~2名
専門分野 家畜内科学,寄生虫病学
主な研究テーマ (1) マダニとマダニ媒介性疾患の関係について
(2) 獣医学分野におけるバルトネラ属細菌の浸潤状況の調査
学位 博士(獣医学)
関連産業分野 獣医学
連絡先 (TEL)0155-49-5372
(FAX)
(E-mail)kmatsumoto@
研究分野 ・マダニ媒介性疾患
共同研究
シーズ マダニの同定およびマダニ媒介性疾患の検出
キーワード 獣医内科学・マダニ・マダニ媒介性病原体
 
卒業研究として指導可能なテーマ・領域 ・マダニ媒介性疾患
自己紹介と学生へのメッセージ 平成15年    山口大学大学院連合獣医学研究科修了
平成15~18年 フランスメディタレニ大学リケッチア部門ポスドク
平成18~19年 米国タフツ大学感染症部門ポスドク
平成19年7月  帯広畜産大学畜産学部獣医学科助教

 大学院修了後,マダニとマダニ媒介性病原体,主にリケッチア,アナプラズマおよびエールリッヒアについて,新規病原体の検索,病原体の実験感染等の研究をしてきました。現在はそれらに加え,獣医学領域におけるバルトネラ属細菌の浸潤状況の調査をしています。附属家畜病院にて週に一日,小動物臨床の初診担当をしているほか,難診断患畜の臨床病理検索(大動物)にも加わっています。病気の動物をどのように診断していくか,勉強の毎日です。内科診療やマダニに興味のある学生と研究を進めていければ,と考えています。
研究活動の紹介 Read研究会開発支援ディレクトリより
ファイルの最終更新日 平成26年4月18日

 

前ページに戻る